西沢家が完成して7か月が過ぎました。

まだまだ新しいと思っていて、そんなにしげしげと改めて家を眺めたことがなかったのですが、先日ふと外壁を見て、それなりの変化が表れているのに気が付きました。

ちなみにうちの外壁はウッドロングエコという木材保護材を塗った杉板です。

では、ちょっとご紹介。

上が雨がかからず、日も当たりにくい玄関の外壁。

下が雨も日も当たる外壁。

写真の写り方の差も大きいとは思いますが、色の差も出てきましたし、下の写真のように雨のかかる部分とかかりにくい部分の差も出てきました。

もっと年月が経って、全体に古びてくるともっと馴染んだ感じになるんでしょうね。今はきれいなところは新品状態なので差が激しく見えるのかな?

不思議なのが次の写真。

手前のシルバーっぽい板塀も外壁と同じ素材なのにこんなに差が出ました。なんでだろ?

風の当たり方とか、かな?

それとも現場塗装だっけ?(外壁は野地木材さんで加工されたものです。

最後にポスト付きました~!!

西沢夫のセルフビルドです。

いい感じやん。

次は家の中をしげしげと眺めてきま~す。